安達久美 [Kumi Adachi] Guitar

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。 11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミヘンやツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。
19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に大阪から京都に活動拠点を移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&グルーヴ・フィーリング溢れるオリジナルを武器に数多くの著名ミュージシャンとセッションを行う。

2005年より則竹裕之とのユニット「安達久美club PANGAEA」をスタートさせ、2007年に発売した『Little Wing』が、タワーレコード・週間売り上げ J-Jazz部門にランクインするなど、デビューわずかに音楽シーンに旋風を起こした。2008年には2ndアルバム『WINNERS!』、2009年には3rdアルバム『L.G.B.~Lady Guitar Blues~』をリリース。

2011年には松原正樹が発起人となったギターオムニバスアルバム『TIME MACHINE』に参加。
11月には、“モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき” にて、マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティと再共演する。

2012年1月には、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「 J & K 」のライブDVDが発売される。
同年3月にはエジプト「カイロジャズフェスティバル」に招聘され、メインステージでトリを務める。
7月にはエフェクターメーカー「BOOROCKS」とのコラボレーションにより、女性アーティストとしては、日本初のシグネイチャーモデルとなるエフェクター "KUMI" Distortion AK-1を発売。
10月には、ばんばひろふみの11年ぶりのアルバム『メイド イン 京都』のレコーディングに参加。

2013年1月には、J & K による待望のファーストアルバム『 J & K 』をキングレコードよりリリースし、タワーレコード・ジャズセールスランキング2位、HMVジャズ総合ランキング4位を記録した。
数回に渡る韓国ツアーの敢行に加え、2014年3月にはパリ日本文化会館にて行われた「慈愛LOVEコンサート」、パリの老舗ジャズクラブ New Morningにて行われた「東日本大震災復興支援チャリティーライブ」に J & K として出演。国際的な活動も展開中。
5月14日には J & K のセカンドアルバムとしてエレクトリックアルバム『TIME』 、アコースティックアルバム『TIDE』をキングレコードより2作同時発売し、大きな話題を呼んでいる。

Kumi Adachi Guitar

Guitarist Kumi Adachi, born in Osaka, Japan. At the age of 11, she began playing the guitar. At the age of 19, she went to Los Angels to study music at conservatory. Not long after her debut, in 2007, Kumi released her first album “Little Wing” with “club PANGAEA”, which band she co-leads with drummer Hiroyuki Noritake and made a sensation for her powerful and groovy musical style. Her original compositions are quite popular for her unique view of the world.Released her second album “WINNERS” in ’08, third album “L.G.B~Lady Guitar Blues” in ’09.Kumi is one of the two female monitors for the world famous guitar builder, Paul Reed Smith along with Orianthi, who performs in Michael Jackson’s DVD “THIS IS IT”.

安達久美 アーティストページ

feature

J&K 2nd Album
『TIME』『TIDE』

J&K 1st Album
『J&K』

Guitar Magazine
2012年2月号

Cairo jazz Festival 2012

岡本博文 [Hirofumi Okamoto] Guitar

1960年広島市生まれ、京都在住。1987年、プロ活動に入る。「Live Spot RAG」を中心に是方博邦、野呂一生、石田長生等と共演を開始。1992年、WEAより「チャンクヒルズチルドレン」にてアルパム『チヤンク』を発表するとともに、自己のパンド「岡本博文ニューギターバンド」を結成。 1993年、「古谷充ニュープロジエクト」に参加。1994年、自己のバンドに村上ポンタ秀一(ds) 石橋敬一(b) を迎え全国ツア一。その後、パーカッションにヤヒロトモヒロもレギユラーに迎え定期的にツアーを行う。 1997年、自己のパンドに桜井哲夫(b)を迎えツアーを行う。渡辺香津美(g)と共演、ツアーを行う。1998年、ケーナの巨匠、ホルへ・クンボのツアー参加。イタリアの歌姫ミルパと共演。同年、村上ポンタ秀一プロデュースで、鬼怒無月(g) ヤヒロトモヒロ(per) 村上ポンタ秀一(ds)グスタボ・グレゴリオ(b) バカボン鈴木(b) を迎えて、ソロアルバム『JAWANGO』を発表。2000年、ブエノスアイレスにて、ファン・ファルー(g)にフォルクローレを師事。タンゴをペドロ・アギュラーに師事。

2001年、RAG International Music Co.,Ltd.の所属ミュージシャンとなる。NYにてアルゼンチンのロックスター、ミゲール・カンティーロと共演。その他にも土岐英史(sax)、赤木りえ(flute)、小川 紀美代(バンドネオン)、田中峰彦(シタール)さまざまなセッションで活躍。

2007年には、「もんた&ブラザーズ」のドラマー、マーティー・ブレイシーらと結成した、自身の新たなリーダーユニット「Okamoto Island」の1stアルバム『Grand Blue』をリリース。マリンダイビングを愛してやまない岡本のメロディアスなナンバーとファンキーなラテングルーヴでリゾート感溢れる作品となり、好評を博す。

2010年には、お経と即興演奏のコラボレーションによるコンピレーションアルバム『慈愛LOVE』に山下洋輔、日野皓正らとともに参加する。

2011年には、「Okamoto Island」の2ndアルバム『You Are My Sunshine』をリリース。「海と旅にまつわる人間ドラマ」をテーマに、ボサノヴァやジャズ、ラテンなどのテイストをブレンドし、大人のリゾート空間に浸れる作品に仕上げられた。今作には、2011年ラテン版グラミー賞6位、2012年ウルグアイ・グラフィティー賞ジャズ部門最優秀賞を受賞した世界的パーカッショニストのヤヒロトモヒロがサポートメンバーに、『夜の海』『あこがれのSun Down』などのヒット曲を持つ桑名晴子がスペシャルゲストとして参加した。その後も「Okamoto Island」のツアーや様々なセッションライブなど、ますます精力的な活動を行っている。

Hirofumi Okamoto Guitar

Okamoto was born in 1960. He is from Hiroshima city, now living in Kyoto.He started his career as jazz guitarist.Then he has been playing many kinds of music,such as blues, R&B, funk, folklore, tango, Indian music,Japanese folk and more.He learned chord works from Bret Willmott in Boston, Folklore from Juan Falu in Buenos Aires.His guitar play, both of acoustic and electric guitar, obtained him high evaluation.Especially he is a very few Japanese professional guitarist can play tango.He released two albums [Jawango/1998] as acoustic guitarist,[Grand Blue/2007] as electric guitarist. Now he is the one of most important guitarist in Japan.The main musicians that he ever played is: Kazumi Watanabe (g/Japan) as duo Rie Akagi(fl/Janpan) Hiroki Miyano(g/Japan) Tomohiro Yahiro(per/Japan)Vagabond Suzuki(b/Japan) Gustavo Gregorio(Bass/Argentine) Jorge Cumbo (kena/Argentine) works in 2years on Japan tour. (He played with Simon and Garfunkel on El Condor Paso) Muguel Cantiro (Vo/Argentine)Cesar Olguin(Bandneon/Argentine)Miguel Balcos (p/Argentine) Milva (Vo/Argentine)Prodigio (Cuatro/Puerto Rico)Fidel Morales Reyes (dr/Puerto Rico) Luis Pelico Ortis (tp /Puerto Rico)Giovanni Hidalgo(per/Puerto Rico)

岡本博文 アーティストページ

discography

Okamoto Island 1st album
『Grand Blue』

Okamoto Island 2nd album
『You Are My Sunshine』

Okamoto Island ライブDVD
Live Lab.「Okamoto Island」

田辺モット [Motto Tanabe] / Bass

'79『SPINACH POWER』でデビュー。'81 難波弘之氏(Key)の呼びかけで、そうる透氏(Ds)と共に 『SENCE OF WONDER』に参加。怒濤のセッション活動のSTART ! …チャゲ&飛鳥、山本達彦、柴田恭平、久保田早紀、杉山清貴、桑名正博、河内淳一、山崎まさよし、他、映画音楽、CM等にも多数参加。 現在、桑名正博(Vo)、河内淳貴(Gt)、岡本郭男(Ds)と共に結成した『The TRIPLE X』 (後、芳野藤丸(Gt)、サントリィ坂本(Key)も参加)のメンバー。

田辺モット アーティストページ
ソーシャルメディア