会社設立30周年記念「RAGフォトコンテスト」絶賛大募集中!

あなたがライブスポットラグで撮った写真を見せてもらえませんか。
おかげさまで、ライブスポットラグは今年10月で30年を迎えます。たくさんの笑顔、出会い、感動が生まれました。
この節目にみなさまからの写真で30年の軌跡を振りかえり、一緒に楽しめたらと思います。
またお昼間の店内を公開し、自由に撮影してもらえる日も作りました。壁を埋めつくす無数のサインなど、この機会にじっくりご覧ください。
たくさんのご応募をお待ちしております!

RAGフォトコンテスト CM

ご挨拶

「木屋町三条RAG30年の記憶をお客様の力をお借りして集めたいと思います。」

ある晴れた日の昼下がり、リハーサル前の誰もいないライブスポット ラグへ画家の友人と行きました。すると、「ここは面白い被写体の宝庫だ!!」と、写真をバシバシ撮りはじめました。
使い古されたテーブルや譜面台、グランドピアノ、壁のサイン、、、日頃からここにいる私たちにとっては当たり前のものも、新鮮な眼には魅力的に映るんだなと、大発見でした。
気づけば今年10月1日で、木屋町RAGはちょうど30年。
「私たちが作ってきたRAGとは何だったのか?」
お客様からの写真やエピソードで再発見してみたくなりました。お客様が写されたRAGでの思い出写真やそれぞれの感性でRAG店内を撮った写真など、私共スタッフが知らないRAGを見せていただき、楽しませてもらえたらと思います。
そして、それをエネルギーに変えて、この先50年100年RAGが音楽の場を温め続け、皆さまを待ち続けられたら、と願っております。
お客様の行動力と創造力で、私共の想像を超える作品が届くことを楽しみにしております!

(株)ラグインターナショナルミュージック
取締役 プロデューサー 河上ひかる

ヤマハ音遊人に記事が掲載されました


「いちどは訪ねたい京都のライブスポットラグ。30周年を迎えた、その人気の秘密とは?」
ヤマハ音遊人WEB版の記事を読む

RAGフォトコンテスト関連企画

ライブスポットラグお昼の撮影会「音のないラグへおこしやす」

日程 11/8(木)、9(金)( おかげさまで、無事終了いたしました。
開催時間 11:00〜14:00
入場無料 予約なし

期間限定でお昼のライブスポットラグを一般公開します。
日頃見られない楽屋や壁一面のサイン、自然光の入る店内をゆっくりご覧になり、あなたの感性でRAGの魅力を見つけてください。
SNS投稿された写真も、コンテストにご応募いただけます。

サインガイドツアー

河上ひかるが店内に埋め尽くされたサインをご紹介するツアーです。
ステージにも上がっていただき、日頃じっくり見られない壁一面のサインを見て、思いつくままエピソードなどをご紹介します。

11:30 12:30 13:30 (両日とも 無料/予約なし)

10/6.7の撮影会に参加された方々の声

  • 熱気に包まれたライブの時とは異なる静謐な店内の空間もまた素敵でした。
  • 南の窓が開けられ、陽光が差し込む店内は、ライブの時とはまた全く違う表情を見せていました。
  • この静かな風景を思い出しながら、熱気に満ちたライブが行われるRAGを訪れるという違った楽しみが出来ました。
  • フォトコンテストということで、初めて訪れました。今度は「音がある時」にお邪魔しようと思います。
  • いつもとはまた違った雰囲気で、音の流れていないライブスペース空間で素敵な時間を過ごさせていただきました。
  • 今日は窓の外の景色が見える。秋の日が差し込む昼下がりのライブスポット店内、いいなあ。
  • 今日はサインを間近でじっくり観れた。どれが誰が描いたサインか教えていただいたのは、この日の収穫!
  • エルビン・ジョーンズ、秋吉敏子、山下洋輔、日野皓正、上田正樹などの、それぞれ個性的でダイナミックなサイン。天井には暗黒舞踏“白虎社”のレアなサインも。
  • 普段は見られない楽屋も見せていただき、これまで何度も来ているのに、店内の全容を初めて知ることができて、新鮮でした。

RAGフォトコンテスト 概要

◆テーマ
この30年の間にライブスポットラグ店内で撮影された
楽しい写真、感動写真、面白写真、アート写真

◆主催
(株)ラグインターナショナルミュージック

◆応募期間
2018年10月1日(月) → 2019年1月31日(木)

◆応募方法
本ページ下部の応募フォームより画像を添付のうえご応募ください。
応募点数は「お一人3点まで」とさせていただきます。
※送付の際は、応募フォームの必要事項をもれなくご記入ください。
※プリントでのご応募は受付けておりません。データ化してご応募ください。

Googleが提供するアプリ「フォトスキャン(iOS、Android)」や、写真のデジタル化サービスなどをご利用ください。

◆応募資格
プロアマ、年齢、国籍問わず

◆表彰

各賞 賞品
グランプリ (1点) ライブスポットラグ金券5万円
準グランプリ (1点) ライブスポットラグ金券3万円
アート写真賞、楽しい写真賞 、感動写真賞、面白写真賞 (各賞1点) ライブスポットラグ金券1万円
KIRINBEER賞 (3点) 一番搾り(350ml缶)1ケース

◆審査と発表
RAGスタッフによる審査の後、4月上旬に本ページにて発表します。
入賞者には直接通知いたします。

  • 2018年10月1日(月)
    募集開始
  • 2019年1月31日(木)
    募集締切
  • 2019年2月〜3月
    審査期間
  • 2019年4月上旬
    入賞作品発表!

◆注意事項

○作品の活用について
優秀作品は、RAGの広報素材として各種広報媒体、印刷物などに広く使用します。

○個人情報について
(1)入賞者の発表の際は、入賞者の氏名、住所(市区町村まで)、年齢を公表します。
(2)応募作品に係る個人情報については、作品の審査・発表、入賞者の表彰、応募状況の集計・公表(統計的な処理で、個人を特定する情報は含まない)、ラグインターナショナルミュージックからのお知らせ以外の目的で使用することはありません。

○その他
(1)応募作品はデジタルカメラ(スマートフォンなどのモバイル機器を含む)で撮影した写真のほか、銀塩カメラで撮影した作品でもご応募可能です。ただし、プリントでのご応募は受付けておりませんので、データ化してご応募ください。また、複数の写真による組写真、カラー、モノクロは問いませんが、ライブスポットラグ店内で撮影したものに限ります。
(2)応募作品は、ホームページ上へ掲載する他、ポスターやその他宣伝物、記念写真集への掲載を許可した作品を条件とします。
(3)応募作品は応募者本人が撮影し、著作権を持っている写真に限ります。応募者本人のWebやSNS等で公表した作品の投稿も可能です。同一作品は1点のみの応募に限ります。その他のコンテストへ応募した作品は、落選が確定した作品とし、二重応募はご遠慮ください。
(4)応募作品の取り扱いには十分注意しますが、万一の事故(紛失、破損など)について主催者はいっさい責任を負いません。応募された作品データは返却いたしません。
(5)被写体の肖像権、著作権などには十分にご注意いただき、応募者の責任で全ての問題を解決したうえでご応募ください。特にステージ写真についてはご留意ください。
(6)応募作品について、応募者はラグインターナショナルミュージックのホームページ、広告・宣伝などで使用する著作権法上の権利について、国内外を問わず、非独占的に使用を主催者に許諾するものとし、著作者人格権を行使しないものとします。
(7)応募規定に違反した場合は入賞を取り消すことがあります。
(8)審査結果についての問い合わせにはお答えいたしかねます。
(9)応募に関する費用は、応募者が負担するものとします。

◆お問い合わせ
(株)ラグインターナショナルミュージック 担当: 河上
本サイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

※RAGフォトコンテスト応募フォームからのご応募が何らかの理由で行えない方は、こちらの応募用テキストファイルにご記入の上、応募画像とともにメール添付し、mail[at]ragnet.co.jpまでお送りください。
なお、応募画像が複数の場合は、メール1通あたり1枚の添付としていただきますようお願い申し上げます。複数枚添付された場合、正常にメールを受信出来ない場合がございますのでご注意ください。

 

RAGフォトコンテスト チラシ

以下よりフォトコンテストのチラシをご覧いただけます。また、PDFファイルでのダウンロードも可能です。

RAGフォトコンテスト チラシ表(PDF)
RAGフォトコンテスト チラシ裏(PDF)

Translate »