安達久美(g)|Kumi Adachi|ギタリスト&コンポーザー

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に大阪から京都に活動拠点を移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&グルーヴ・フィーリング溢れるオリジナルを武器に数多くの著名ミュージシャンとセッションを行う。

2005年より元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA」をスタートさせ、2007年に発売した1stアルバム『Little Wing』が、タワーレコード・週間売り上げ J-Jazz部門にランクインするなど、デビューわずかに音楽シーンに旋風を起こした。2008年には2ndアルバム『WINNERS!』、2009年には3rdアルバム『L.G.B.』をリリース。

2010年にはお経と即興演奏のコラボアルバム『慈愛LOVE』に参加。山下洋輔(p)、日野皓正(tp)らとレコーディングに参加し話題となる。2011年には松原正樹が発起人となったギターオムニバスアルバム『TIME MACHINE』に参加。
11月には、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき」にて、マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティと再共演する。

2012年1月には、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」のライブDVD『Live Lab.』が発売される。同年3月にはエジプト「カイロジャズフェスティバル」に招聘され、メインステージでトリを務める。
10月には、ばんばひろふみの11年ぶりのアルバム『メイド イン 京都』のレコーディングに参加。

2013年1月には、J&Kによる待望の1stアルバム『J&K』をキングレコードよりリリースし、タワーレコード・ジャズセールスランキング2位、HMVジャズ総合ランキング4位を記録した。

これまでの5度に渡る韓国ツアーの敢行など、国際的な活動も展開中。2014年3月にはフランスの”パリ日本文化会館”にて行われた「JAZZ IN JAPAN 2014〜日本ジャズと僧侶との出会い〜」に招聘された。パリの老舗ジャズクラブ“New Morning”にて行われた「東日本大震災復興支援チャリティーライブ」にもJ&Kとして出演。
同年5月にはJ&Kの2ndアルバムとしてエレクトリックアルバム『TIME』 、アコースティックアルバム『TIDE』をキングレコードより2作同時発売し、大きな話題を呼ぶ。

また、9月には、価値あるアイデアを世界に広めることを目的としたカンファレンス、「TEDxKyoto 2014」に出演、トリを飾る。ボノ(U2)やビル・ゲイツ(マイクロソフト社共同創業者)など、世界の様々な分野の第一線で活躍する人物が出演する「TED」にて、映像を彷彿させる彼女の楽曲でオリジナティー溢れるギタープレイを披露し、満員の聴衆から大喝采を浴びた。

2015年には「安達久美club PANGAEA」が結成10周年を迎え、6年ぶりとなる4thアルバム『FLAT OUT』とベストアルバム『PANGAEA』をキングレコードより2作同時リリース。10年間磨き上げて来たサウンドは、“第二期パンゲアサウンド”と呼べる進化・深化を遂げ、各所で高く評価されている。

2016年12月、若手ブルースギタリストとして頭角を表す大久保初夏とのユニット「安達久美 with 大久保初夏」によるアルバム『Luck of Blue』をキングレコードよりリリース。

2017年 2〜3月はニューアルバム発売記念ツアーを全国13箇所で敢行。圧倒的なライブパフォーマンスで好評を得る。

Kumi Adachi; guitar

Kumi Adachi, born in Osaka, Japan. At age 11, she took up the guitar. Two years after, she started to perform at the stage. At age 19, studied in Los Angels. In 2002, moved to Kyoto, Japan, she has jammed with lots of well noted musicians with her powerful, bluesy and groovy playing style and her tunes.

In 2005, she formed her own leader band, “Kumi Adachi club PANGAEA".

In 2007, released their first album “Little Wing” which entered the Japanese jazz charts of the Tower Records. Not long after her debut, she took the music scene by storm and released 2nd album "WINNERS!" in 2008, 3rd album "L.G.B." in 2009.

In 2011, she performed with Orianthi, who played in Michael Jackson’s “THIS IS IT”, at the stage of "Montreux Jazz Festival Japan in Kawasaki".
(It was the second time to perform with her.)

In 2012, she was given an offer to perform at "Cairo Jazz Festival" in Egypt as the final performer of the festival.
In the same year, she released live DVD “Live Lab.”
as her unit "J&K". "J&K" is a guitar instrumental unit with Jun Kajiwara, who supports many well known musicians, such as the sax player Sadao Watanabe, a singer Ryoko Moriyama, Toshiki Kadomatsu.

In 2013, she released J&K's first album "J&K", which entered the jazz sales charts of the Tower Records at No.2 and the jazz sales charts of HMV at No.4.

In 2014, J&K performed at Japanese Culture Center in Paris and well known jazz club "New Morning" in Paris.
In the same year, J&K released 2 CDs as their 2nd album. They are "TIME" which is played by electric guitars and "TIDE" which is played by acoustic guitars.
They got a lot of attention from the public.

In the same year of September, she performed at “TEDxKyoto 2014” as the final performer.
“TED” is a conference, which is intended to spread worth ideas. People who are active in the front lines in a wide range of areas, such as Bono(U2) and Bill Gates(co-founder of Microsoft) , perform there. Kumi enthralled capacity crowd with her own imaginative tune and her original guitar play.

"Kumi Adachi club PANGAEA" reaches the organization tenth anniversary in 2015 and releases 4th album "FLAT OUT" which it becomes six years since the last and best album "PANGAEA" are released at 2 product same time by King record.
The sound that has been polished up for ten years is able to call "the second Pangaea sound",is appreciated in various areas.

In December 2016, “Kumi Adachi with Shoka Okubo” that is the unit of Kumi and Syoka who shows talent as a young blues guitarist released “Luck of Blue” from KING RECORDS.

They carried out a new album release tour with 13 places of whole country for from February to March in 2017. Their live performances are overwhelming and well-received.

ソーシャルメディア