© RAG INTERNATIONAL MUSIC Co., Ltd.
All rights reserved.

2018-07-08T19:00:00+09:007/8Sun

中路英明 オバタラ・セグンド

ライブ詳細
出演中路英明(Tb) 鈴木よしひさ(G) 伊藤志宏(P) コモブチキイチロウ(B) 大儀見元(Per) 岡本健太(Ds)
開場18:00開演19:00
座席制自由席混雑状況
プレイガイドチケットぴあ:115-826 ローソンチケット:52532

元オルケスタ・デ・ラ・ルス、中路英明が率いるラテンジャズバンド!

ラテンマスター・中路英明によるスーパーバンド“オバタラ・セグンド”。
マエストロ達によってクリエイトされる音はのラテンへの愛と新たな創造への情熱に満ちています。それらが大きなうねりとなって、エンディングまで一気に駆け抜けます。

OBATALA(中路英明)〜オバタラ・セグンドwith佐藤芳明
プロフィール

中路英明 オバタラ・セグンド

元オルケスタ・デ・ラ・ルス、現在熱帯JAZZ楽団やサルサスインゴサで活躍中のトロンボーン奏者中路英明が、1997年からオバタラ(アフリカを起源としカリブ海地域のラテン社会で信仰されている多神教サンテリアの神の一人)という名前で活動を始めたラテンジャズバンド。

メンバーチェンジに伴い2007年よりオバタラ・セグンド(第二期オバタラ)に改名。

現メンバーはギター・鈴木よしひさ、ピアノ・伊藤志宏、ベース・コモブチキイチロウ、パーカッション・大儀見元、ドラム&ティンバレス・岡本健太、と現代日本の音楽シーンになくてはならないオールスターキャストである。

レパートリーは熱帯JAZZ楽団やサルサスインゴサでも定評のある中路のオリジナルを中心に、メンバーのオリジナルや有名ラテンナンバーのカバー等。

近年はラテンリズムに他ジャンルをミックスさせたコンテンポラリーな演奏形態となっており、トロンボーンとギターのユニゾンによるサウンドが特徴。

今が最も旬な超絶メンバーによるインタープレイは従来のラテンバンドのイメージを大きく覆すほど斬新、圧倒的な興奮と感動を呼ぶ。

CDは2012年、京都RAGでのライブを収録した「VIVO EN KYOTO!!」を、また2014年には初のスタジオ録音による「LA DECISION NUEVE」を立て続けにリリース、現在の低迷する音楽業界において奇跡的とも言える快進撃を繰り広げている。

リンク

中路英明 オフィシャルサイト
鈴木よしひさ オフィシャルサイト
伊藤志宏 オフィシャルサイト
コモブチキイチロウ オフィシャルサイト
大儀見元 オフィシャルサイト
岡本健太 オフィシャルブログ

チケット購入

【メール送信について】

キャリアメールをご利用の場合、混雑状況などにより当店からのメールが届かない場合がございます。チケットナンバーや最新の決済状況は、注文フォーム送信後に表示される「ご注文の状況」ページからご確認ください。

【チケットナンバー(整理番号)について】

チケット発売日は電話がつながりにくくなりますので、お急ぎの際はウェブサイトよりご注文ください。チケットナンバーはご注文完了後すぐに「ご注文の状況」ページからご確認いただけます。

種類会員・一般税込価格席種・ご購入
 
公演終了
ライブスポットラグ・メンバーシップ

ライブスポットラグ・メンバーシップ

ラグメンバーズにご入会いただくと、全ての公演を特別価格にてご購入いただけるほか、先行予約、優先入場、各種優待サービスなどライブスポットラグでのひと時をより快適にお楽しみいただけます。

ページ上部へ戻る