メールマガジンのご案内

キャンペーン・ニュース

  1. https://www.ragnet.co.jp/livespot/wp-content/themes/grider_tcd015
  2. チケット予約受付開始時間変更のお知らせ
  3. お盆営業のご案内
キャンペーン・ニュースをもっと見る

ジャンルで探す

© RAG INTERNATIONAL MUSIC Co., Ltd.
All rights reserved.

2018-08-30T19:30:00+09:008/30Thu

Christoph Stiefel – Inner Language Trio クリストフ・スティーフェル インナー・ランゲージ・トリオ from スイス

ライブ詳細
出演Chritoph Stiefel (piano) クリストフ・シュティーフェル LukasTraxel(DoubleBass) ルカス・トラクセル Tobias Backhaus (Drums) トビアス・バックハウス
開場18:00開演19:30
座席制自由席混雑状況
プレイガイド

Christoph Stiefel Inner Language Trio – Trailer for Japan Tour 2018

イギリス新聞「ガーディアン」にも取り上げられた、話題のピアノトリオが来日公演!

1961 年生スイスまれ。80 年代には、エレクトリック・ハープ奏者アンドレアス・フォーレンヴァイダーのキーボード奏者としてグラミー賞を 受賞し、ワールドツアーに同行。

90 年代から、自身のピアノトリオ作品を発表し続ける。

ピーター・アースキン(ds)やチャーリー・マリアー ノ(sax)を迎えた『Ancient Longing(1995)』は各地で賞賛され、90 年代後半には、ディスクユニオンの山本隆氏をはじめ、日本の早耳 ピアノトリオファンからも注目を集めるようになる。

今回、日本でもヒット作となった『BIG SHIP(2014 年)』など、ここ10 年の間、彼の活 動の中心となっている「インナー・ランゲージ・トリオ」新メンバーのダブル・ベースのルカス・トラクセル(Lukas Traxel)とドラムの トビアス・バックハウス(Tobias Backhaus)を率いて、リーダーとして初の来日を果たす。

中世のイソリズムと、持ち前のスウィング 感で、 虹色に変化する絵画のようなサウンドを届ける。

英国ガーディアン紙に「リズミカルな革命!」と評された話題のピアノトリオにご注目ください。

チケット購入

【メール送信について】

キャリアメールをご利用の場合、混雑状況などにより当店からのメールが届かない場合がございます。チケットナンバーや最新の決済状況は、注文フォーム送信後に表示される「ご注文の状況」ページからご確認ください。

【チケットナンバー(整理番号)について】

チケット発売日は電話がつながりにくくなりますので、お急ぎの際はウェブサイトよりご注文ください。チケットナンバーはご注文完了後すぐに「ご注文の状況」ページからご確認いただけます。

種類会員・一般税込価格席種・ご購入
 
公演終了
ライブスポットラグ・メンバーシップ

ライブスポットラグ・メンバーシップ

ラグメンバーズにご入会いただくと、全ての公演を特別価格にてご購入いただけるほか、先行予約、優先入場、各種優待サービスなどライブスポットラグでのひと時をより快適にお楽しみいただけます。

rikiyaband

2018-12-31T23:00:00+09:0012/31Mon

2018年11月3日(土)発売
土岐英史(Sax)

2018-12-30T19:30:00+09:0012/30Sun

2018年11月3日(土)発売
土岐英史(Sax)

2018-12-29T19:30:00+09:0012/29Sat

2018年11月3日(土)発売
hiromitsu

2018-12-26T19:30:00+09:0012/26Wed

2018年11月3日(土)発売
20180623_141231

2018-12-03T19:30:00+09:0012/3Mon

発売中 | 混雑状況 ★☆☆☆☆
ページ上部へ戻る