© RAG INTERNATIONAL MUSIC Co., Ltd.
All rights reserved.

2018-09-23T19:30:00+09:009/23Sun

コルトレーンナイト2018

ライブ詳細
出演高橋知己(Ts) 竹内直(Ts,Fl,Bcl)
石田博嗣(Ds) 河野多映(P) 畠山令(B)
開場18:00開演19:30
座席制自由席混雑状況
プレイガイド

ジョン・コルトレーンはわずか40年間という短い生涯ながら、現在もジャズのみならず多くの音楽ファンを魅了し続け、没後51年経った今も雑誌の表紙を飾るなど、褪せることなく輝き続けるレジェンド。
そのコルトレーンが絶頂期の1963年に吹き込んだ音源が、録音から55年の時を経て『Both Directions at Once: The Lost Album』(邦題:ザ・ロスト・アルバム)として、 なんと今年6月29日に発売されました。音源の発見は事件として、世界に驚きを与えました。このアルバムは“奇跡のアルバム”として発売以来の大きな反響を得ています。

RAGで毎年開催されているコルトレーンナイト。その主宰者であるドラマーの石田博嗣氏より今回のライブへの抱負が届けられました。

石田博嗣氏メッセージ
今回のコルトレーンナイトは、コルトレーンの55年もの間眠っていた『ザ・ロスト・アルバム』の楽曲を生演奏で再現することに挑戦します。
そのメンバーには、コルトレーンカルテットのドラマーエルビンジョーンズと競演を重ね、エルビンからコルトレーン・スピリットを継承されたサックス・高橋知己氏なしでは得られません。
もう一人のサックス竹内直氏は90年にエルビンバンドのメンバーに加入。バスクラリネットやフルートは61年にコルトレーンバンドに加入したエリック・ドルフィーの、サックススタイルは66年に加入したファラオ・サンダース的に演奏できるミュージシャンです。
コルトレーンは、自分と異なる個性をバンドに引き込み、自分を鼓舞していたと考えています。なので、私のコルトレーンナイトではサックス二人を迎えて演奏しています。
リズムには関西在住のピアニスト河野多映とベースの畠山令。コルトレーンナイトバンド27年の実績を披露できればと思います。
さらに、前任ピアニストで現在復帰リハビリ中の安原将生も2曲参加致します。
是非、お越しください。

チケット購入

【メール送信について】

キャリアメールをご利用の場合、混雑状況などにより当店からのメールが届かない場合がございます。チケットナンバーや最新の決済状況は、注文フォーム送信後に表示される「ご注文の状況」ページからご確認ください。

【チケットナンバー(整理番号)について】

チケット発売日は電話がつながりにくくなりますので、お急ぎの際はウェブサイトよりご注文ください。チケットナンバーはご注文完了後すぐに「ご注文の状況」ページからご確認いただけます。

種類会員・一般税込価格席種・ご購入
 
公演終了
ライブスポットラグ・メンバーシップ

ライブスポットラグ・メンバーシップ

ラグメンバーズにご入会いただくと、全ての公演を特別価格にてご購入いただけるほか、先行予約、優先入場、各種優待サービスなどライブスポットラグでのひと時をより快適にお楽しみいただけます。

ページ上部へ戻る