© RAG INTERNATIONAL MUSIC Co., Ltd.
All rights reserved.

2018-11-28T19:30:00+09:0011/28Wed

J&K(梶原順&安達久美)with 川口千里

ライブ詳細
出演梶原順(G)安達久美(G)川内啓史(B)川口千里(Ds)
開場18:00開演19:30
座席制自由席混雑状況☆☆☆☆
プレイガイドチケットぴあ:131241 ローソンチケット:56121

<プロフィール>

梶原 順 Jun Kajiwara

kajiwara jun

1961年8月25日生まれ。幼少の頃よりピアノを弾き、中学2年の時にガットギターを手にする。 その後、キャロル、ベンチャーズなどといったアーティストに興味を持つことを皮切りにエレキギターを弾く毎日が続いた。 ロックに始まり、徐々に様々な音楽を体験するにつれ、そのギタースタイルも多種多様化していく。 プロミュージシャンを目指し1979年に上京、Jazz Schoolに通う。 1981年、プロとしてのキャリアをスタートさせる。その後、マリーン、山本達彦、角松敏生、といったライヴをサポートする傍ら、 本田雅人 (Saxophone)、石川雅春 (Drums) らとWITNESSを結成、アルバム『WITNESS』をリリース。 1990年以降、特にスタジオミュージシャンとしての活動は多忙を極め、参加した楽曲数は計り知れない。 平行して数々のセッションライヴ、ツアーもサポート、SPEED、渡辺貞夫グループ”などにも参加。 また、自身の音楽を求め、J&B、JとB、Bluer、SOURCEといったバンド活動も行い、それぞれアルバムをリリース。 現在はスタジオワーク、セッションライヴに加え、森山良子、本田雅人、角松敏生のバンドメンバー、SOURCE、J&K、 ギターと三線によるユニッcoco←musikaとしても活動中。 そして、自身のソロ活動も精力的に実施し、3枚のソロ・アルバムを発表。 また昭和音楽大学講師、Alterd Music School講師としてとして後輩の育成、教則本『1年後、目指すギタリストになれる練習法』の出版、 スタジオワークの秘密を紐解くDVD『梶原順ギターレコーディングの流儀』をリリースするなど、その動きは留まるところを知らない。 プロ活動35年を超える国内屈指のギタリストの一人。

梶原 順 オフィシャルサイト:https://www.junkajiwara.com/

梶原 順 Facebookページ:https://www.facebook.com/jun.kajiwara.7

安達久美 Kumi Adachi

adachi kumi

大阪府泉州出身、京都在住。11才でギターを始め、13才の時にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。 19才で渡米、LAの音楽学校に留学。2002年に活動拠点を京都に移す。 2005年より元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美 club PANGAEA」をスタートさせ、2007年に1stアルバ『Little Wing』を発売。 2009年までに3枚のアルバムをリリース。 2013年に森山良子、角松敏生、渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」による1stアルバム『J&K』を発売。 2014年5月には2ndアルバムとして『TIME』『TIDE』を2枚同時リリース。 SHOW-YA、加藤登紀子、杏子、岡本真夜、土屋アンナなど共演したアーティストも多数。 マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティとの共演、韓国ツアーの敢行、エジプト、パリでも公演を行うなど国際的な活動も展開中。 2015年「安達久美 club PANGAEA」が結成10周年を迎え、6年ぶりとなる4thアルバム『FLAT OUT』とベストアルバム『PANGAEA』を2作同時発売。 2016年12月、若手ブルースギタリストとして頭角を表す大久保初夏とのユニット「安達久美 with 大久保初夏」によるアルバム『Luck of Blue』をリリース。 2017年 2〜3月はニューアルバム発売記念ツアーを全国13箇所で敢行、圧倒的なライブパフォーマンスで好評を得る。 2018年、高嶋桜子とのニュープロジェクト「The Wonder Ladies」を始動、7,8月にライブを行う。

安達久美 オフィシャルサイト:https://www.ragnet.co.jp/artist/adachi_kumi/index.html

安達 久美 Facebookページ:https://www.facebook.com/kumihendrix

安達久美 KUMI ADACHI F.B.ファンページ:https://www.facebook.com/pangaea11/

川内啓史 Keishi Kuwaiti

keishi kawauchi

小学校6年の頃からベースをいじりだす。 中学時代はバスケット部に所属し部活と平行してベースを弾いていく。 ヤマハPMSにて田中久雄氏に師事。 高校卒業後1年間札幌で活動し翌2004年に洗足音楽大学ジャズ科入学。 入学後、岡田治郎氏 納浩一氏 梶原順氏に師事。 2008年卒業。 ライブに多数出演。 AOR/POPS、フュージョン、ブルース、ファンク、ソウルなどを好んで演奏する。

川内啓史オフィシャルサイト:http://music.geocities.jp/k2_bassman/k_top.html

川口千里 Senri Kawaguti

Kawaguchi Senri

1997年、愛知県生まれの女子大生ドラマー。5歳でドラムを始め、8歳から「手数王」こと菅沼孝三氏に師事している。YouTube」でのドラム演奏動画は世界中から注目され、その総再生回数は現在およそ4,000万回。また、世界的なドラム関連サイト「ドラマーワールド」で世界のトップドラマー500人に選ばれた日本人二人の内の一人でもある。 2013年、若干16歳で待望の1stアルバム「A LA MODE」をリリース。2014年6月にはLAでレコーディングされた2ndアルバム「Buena Vista」をリリース。 ライブでは2014年1月にLAでの単独ライブが大成功。4月にはブルーノート東京で世界的ミュージシャンのリー・リトナー氏とも共演。夏にはE-girlsの アリーナツアーのサポートを務める。 2015年3月にはライブDVD「Senri Kawaguchi Live Tour 2014”Buena Vista”」をリリース。年末にはイギリス人の超絶ギタリスト、ガスリーゴーバンジャパンツアーのサポートに参加。 2016年12月にはサウンドプロデュースにフィリップ・セスを迎え、LAでコレーディングした待望のメジャーデビューアルバム「CIDER ~Hard&Sweet~」をキングレコードからリリース。2017年にはそのリリースツアーを全国7箇所で行い、好評を博す。9月にはそのアルバムのレコーディングメンバーと共に東京ジャズに出演、横浜、名古屋、大阪のツアーも行う。10月にはインドに招かれ現地のトップミュージシャンと共演。またファンクベースの巨匠、ブーツィ・コリンズのアルバム「World Wide Funk」にも参加。12月にはブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラのメンバーとしてデビッド・サンボーンと共演。またこの年、アメリカのドラム専門誌「DRUMHEAD MAGAZINE」の表紙を飾り、18ページに渡り特集される。 現在は大学に通いながらライブやスタジオワークなど国内外を問わず多彩に活躍中。

川口千里オフィシャルサイト:http://www.senridrums.com/index.html

チケット購入

【メール送信について】

キャリアメールをご利用の場合、混雑状況などにより当店からのメールが届かない場合がございます。チケットナンバーや最新の決済状況は、注文フォーム送信後に表示される「ご注文の状況」ページからご確認ください。

【チケットナンバー(整理番号)について】

チケット発売日は電話がつながりにくくなりますので、お急ぎの際はウェブサイトよりご注文ください。チケットナンバーはご注文完了後すぐに「ご注文の状況」ページからご確認いただけます。

種類会員・一般税込価格席種・ご購入
*本公演に限り当日の入場順番は“安達久美”ファンクラブチケットが優先です。
前売ゴールド会員3,600円自由
前売会員4,000円自由
前売一般4,000円自由
当日一般4,500円自由

※ゴールド会員価格でのご購入はお一人様1枚までとなります。
※会員チケットのご購入には会員番号の入力が必要です。

ライブスポットラグ・メンバーシップ

ライブスポットラグ・メンバーシップ

ラグメンバーズにご入会いただくと、全ての公演を特別価格にてご購入いただけるほか、先行予約、優先入場、各種優待サービスなどライブスポットラグでのひと時をより快適にお楽しみいただけます。

ページ上部へ戻る